Billboard JAPAN


Special Contents

Stamp×HIROSHI対談インタビュー ~タイの国民的シンガーソングライターとFIVE NEW OLDのフロントマンが語る国境を越えた交歓の意義



 タイの国民的シンガーソングライター、Stampが日本デビュー・アルバム『EKAMAI DREAM 1』を8月7日にリリースする。たびたびの来日公演をはじめ、日本人アーティストとのコラボレーションなど、これまでにも積極的に日本で活動し、親日家として日本のカルチャーにも通じている彼。そして、『EKAMAI DREAM 1』には、過去に「Good Life」という曲でコラボし、その後も親交を重ねてきたHIROSHI(FIVE NEW OLD)も参加、「Die Twice」という新曲を、ともに仕上げている。Stampと出会ってから、自らも頻繁にタイに通い、バンドとのライブ活動などを行うようになったというHIROSHI。今回Billboard JAPANでは、そんな二人の対談取材を実施した。

「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」がタイで放送されていて大好きでした(Stamp)

――まず、2人の出会いはいつになるんですか?

Stamp:2年前ですね。

HIROSHI:そう、2年前。メジャー1stアルバム『Too Much Is Never Enough』(2018年1月リリース) に収録されている「Good Life」という曲にStampさんにフィーチャリングゲストとして参加していただいて。 あのアルバムは僕たちの中で、ヒップホップ寄りのアーティストに参加してもらいたいということで踊Foot Worksを、あとはアジアのアーティストとコラボレーションしたいということで、Stampさんにオファーしたんです。出会いのきっかけを作ってくれたのは、僕らがお世話になっているライブハウス、新代田FEVERのチームでした。「Stampというタイではトップスターのシンガーソングライターがいて。彼はすごく親日家で今来日してるんだけど、ライブを観に来ない?」 って誘ってくれて。で、実際にライブを観に行ったんです。最初は全然予備知識もなかったので、タイの歌謡曲を歌うアーティストなのかな?と思ってたんですけど、 いざライブを観ると、Stampさんのルーツにあるベックにも通じる音楽性をエンターテイメント性の高い楽曲に昇華していて。そこにすごく惹かれました。それで、ライブが終わってすぐに挨拶をさせていただいて。そのあとすぐにStampさんに「僕らの楽曲に参加してくれませんか?」とオファーしたら二つ返事で快諾してくれたんです。

Stamp:オファーを受けてすぐにFIVE NEW OLDの楽曲をチェックしてみました。「By Your Side」という曲を聴いたときに自分でもこういう曲を作ってみたいと思ったし、すごく美しくて、カッコいい音楽を鳴らしてるバンドだなと思ったんです。ぜひ彼らと一緒に曲を作ってみたいと思いましたね。


▲FIVE NEW OLD - Good Life feat. Stamp 【Official Music Video】

――実際に「Good Life」の楽曲制作に入る前にお互いの音楽のルーツに関して話したりしましたか?

HIROSHI:そうですね。あとは僕もStampさんもゲームが好きでそういう話で盛り上がったり。Stampさんは「Good Life」のレコーディング中は長期間日本に滞在されていて。そのときちょうど恵比寿のLIQUIDROOMでタイラー・ザ・クリエイターのライブがあったり、武道館でベックのライブもあって、Stampさんはチケット買って観に行かれていたんですね。すごくフットワークが軽くて素敵だなと思いました。

Stamp:そのときお互いのスマホを見せ合って、最近聴いている音楽のプレイリストをチェックしたら、だいたい同じ曲を聴いていたんですよね(笑)。

HIROSHI:そうそう(笑)。あと、そのときNetflixでラッパーをフィーチャリングしたドキュメンタリー(『Rapture』)が配信されていて。そこにロジックの回があったんですけど、その内容がすごくよくてその話をしたり。今のヒップホップの話もできたし、ブラーやレディオヘッドなどUKロックの話もしましたね。


▲Rapture Season 1 Trailer | 'Logic' | Rotten Tomatoes TV

――Stampさんがライブをするために初来日したのはいつですか?

Stamp:3年前ですね。

――日本のポップカルチャーは、幼いころから触れていたんですか?

Stamp:はい。小さいころから日本のカルチャーが大好きでした。音楽だけではなく、ゲームも漫画もアニメはもちろん、テレビ番組や小説も好きでした。小説だったら、村上春樹がタイではヒップスターのように流行った時期があったんです。僕も村上春樹の描く日本人ならではの美しさと哀れみが共存しているような文学表現に惹かれました。 30年くらい前のタイではテレビ番組も雑誌も日本のものがあふれていました。テレビ番組であれば「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」がタイで放送されていて大好きでしたね。

――「カトケン」ですか!(笑)。驚きですね。

Stamp:「志村けんのだいじょうぶだぁ」の「だいじょうぶだぁ」というフレーズもタイの30代から40代の人たちはみんな知ってますよ(笑)。漫画は「ドラゴンボール」、「ろくでなしBLUES」、「SLAM DUNK」、「ジョジョの奇妙な冒険」が好きでしたね。

――『週刊少年ジャンプ』の作品群ですね。そういえば、日本でも人気のタイの漫画家であり音楽家のタムくん(ウィスット・ポンニミット)も、黄金期の「ジャンプ」に影響されたと言ってましたね。

Stamp:タムくんは友人です。彼はドラムも演奏できるんですけど、僕のコンサートで、素手でドラムを叩いてくれたことがありました(笑)。日本の音楽に触れたのはJ-ROCKが入口でした。X JAPAN、L‘Arc~en~Ciel、LUNA SEA。日本でビジュアル系と呼ばれているロックをよく聴いてましたね。ちなみに高校時代はラルクのカバーバンドもやってました。

HIROSHI:聴いてみたい(笑)。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. アジアの文化、音楽をもっとアメリカやヨーロッパにも届けていくべき(HIROSHI)
  3. Next >


アジアの文化、音楽をもっとアメリカやヨーロッパにも届けていくべき(HIROSHI)

――Stampさんと出会ってから、FIVE NEW OLDもタイで何度かライブをしてますよね。HIROSHIくんから見たタイの音楽シーンの印象はどうですか?

HIROSHI:タイには今年は現時点で1回、去年は3回ライブしました。地元のローカルバンドとの対バンやフェスにも出て感じたことは、オンタイムな音楽のムーブメントにタイもしっかり乗っているということで。Stampさんと話していても、やっぱりタイでもヒップホップが盛り上がっていると聞くし、フェスに出ているバンドは日本で「シティポップ」と呼ばれる音楽性とリンクしているアクトが多い印象でした。バンドも多いんだけど、ラウドな音楽を鳴らしている人は少なくて。あとはジャンルに関係なく一緒に歌える曲をタイの人は求めているんだなと思いましたね。タイのオーディエンスはすごく歌うんです。フェス中もステージ間を移動しながら歌ってるくらいで。

Stamp:タイのオーディエンスは一緒に歌って楽しみたいという人が多いです。僕は日本でライブをやるようになってから、その文化の違いはあるなと感じました。タイのオーディエンスは反応がわかりやすいから、演奏していても会場がおとなしかったら「つまらないのかな?」って思うんですね。でも、日本のオーディエンスがおとなしいときは楽曲をしっかり聴いてくれている証拠でもあったりする。日本のオーディエンスのそういう音楽の聴き方も僕は好きです。


▲FIVE NEW OLD - footage from TMINE Tour extra show in Thailand

――Stampさんには今のタイの音楽シーンがどのように映っていますか?

Stamp:リスニング環境としては、タイでもストリーミングがメインになっています。1、2ヶ月前はヒップホップが流行っているなと感じていたんですけど、今はまた少し違って。特定のジャンルのムーブメントとして捉えきれないくらい日々新しい音楽が生まれ、聴かれてますね。個々人がストリーミングにキュレートされる様々なジャンルの音楽をスマホで聴いている。10年前だったら国民の誰もが知っているヒット曲が存在していたけど、今はそうじゃないですね。

――それは日本も同じ状況だと言えますね。そんな中、日本のバンドやヒップホップアーティストも近年は積極的にアジアに進出しています。最近ではまた日本と韓国が緊張状態にあったり、決して政治的には良好とは言えない関係性の国もありますけど、若い世代による音楽文化交流は紛れもない希望であると思います。そのあたりをHIROSHIくんはどう考えてますか?

HIROSHI:やっぱり、アメリカがトランプ政権になってからどんどん分断が強まっている世界になっているなと思っていて。イギリスのEU離脱問題であったり、米中の貿易戦争であったり、今の日本と韓国の緊張状態があったりするなかで、芸術、音楽、エンターテイメントの役目ってその垣根を超えて繋がっていくことだと思うんですね。たとえばK-POPがここまで世界に羽ばたいていることも、同じアジア人として誇りに思ってるし、自分たちも同じようにアジアの文化、音楽をもっとアメリカやヨーロッパにも届けていくべきだと思います。そうしないと閉塞感に苛まれてしまう。日本語で歌おうと、英語で歌おうと、インストであろうと、せめて音楽くらいはどんどん垣根を超えてつながっていくべきだと思ってますね。それは文化的にも、マーケットとしてもそう。タイにはStampさんのように親日家のアーティストがいる。それってほんとに奇跡みたいな話だと思うんですね。だからこそ、僕らは次の世代にもこういう交流を繋いでいきたいし、今ではそういう思いを持ってタイでライブをしてますね。

――タイでもK-POPは人気ですか?

Stamp:大人気ですね。BLACKPINKのLISAがタイ人なので、そのことをみんな誇りに思ってるし、さらにK-POPが注目されるようにもなりました。


▲BLACKPINK - 'Kill This Love' M/V

――Stampさんはアメリカやヨーロッパへの進出に対してどのような考えを持ってますか?

Stamp:計画的ではないですけど、自分の音楽をなるべくユニバーサルに届けられるようにすることは目標でもあります。まずは日本でこのアルバムをリリースしますけど、このアルバムが他の国でも受け入れられたらそれはとても幸せなことです。ただ、たとえばアメリカに進出したいから、アメリカに受け入れられるような音楽を戦略的に作るのではなく、あくまで自分が作りたい音楽をクリエイトし、それを届けるということを前提に考えてます。

――今回、トイズファクトリーでリリースされるこのアルバムも、すべては2年前のStampさんとHIROSHIくんの出会いから始まっているわけで。感慨深いものがあるんじゃないですか?

Stamp:奇跡的なことだと思いますし、みなさんに感謝もしています。最初に日本でライブをやったときはゼロからのスタートだったので。それからFIVE NEW OLDと出会い、いろんな人がサポートしてくれるようになった。それはすごく幸せなことですね。僕が日本でメジャーデビューするというニュースを見たタイのスタッフやリスナーも喜んでくれています。そのことにも感動しました。

HIROSHI:僕らはStampさんと日本で出会ったので、最初は「タイのすごい人なんだ」くらいの感覚だったんです。でも、実際にタイに行くとタクシーの運転手のおじさんも知ってるくらいのスターなんですよ。いつもStampさんは「そんなに有名じゃない」って謙遜するんですけど(笑)、まさにポップスターですね。パーキングやコンビニとなどで売っている炭酸飲料のラベルにギターを持っているStampさんの写真が貼ってあるんですよ。すごいなって思いました。国民的スターってこういうことだよなって。

Stamp:ありがとうございます(笑)。


▲STAMP, YOUNGOHM, KARN - ทั้งจำทั้งปรับ [ Official Music Video ]

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. もっと自分の音楽に日本のサウンドのテイストを入れ込みたい(Stamp)
  3. Next >


もっと自分の音楽に日本のサウンドのテイストを入れ込みたい(Stamp)

――この「EKAMAI DREAM 1」というアルバムは、オルタナやエモ、あるいはトロピカルハウスのテイストを感じさせる曲からモダンブギー、歌謡性の高いバラードまでサウンドの振れ幅がとても広い作品で。さらにはタイ語や英語のみならず日本語のボーカルにも挑戦している。Stampさんの多様な音楽性でありクロスオーバーする表現性をポップソングという大きな土台の上で表現していると思いました。


▲STAMP - Die Twice feat. HIROSHI from FIVE NEW OLD [Official Music Video]

Stamp:ありがとうございます。今までもアルバムを作るときはオルタナティブ+ポップという感覚を持ってきました。それに加えて今回はさらに新しいテイストが欲しかったのでHIROSHIさんにも参加してもらったんです。「Die Twice」では、HIROSHIさんに僕が持っていないビート感を提供してもらいました。

――「Die Twice feat. HIROSHI from FIVE NEW OLD」はストイックさとポップネスが絶妙なバランスで同居していると思います。

HIROSHI:ありがとうございます。この曲はStampさんに合うサウンドを作ろうとしたわけではなくて。最初はStampさんが僕の家に遊びに来てくれて、アルバムに入るということも決まっていない段階で「とりあえずなんか作ってみよう」というところから始まったんです。そしたらStampさんがデモを気に入ってくれて。アルバムに入れるところまで曲を完成させようとなったんです。Stampさんは制作になると目つきが鋭くなって、シャープなアイデアをくれました。スピード感もすごかった。これがトップでやってきた人の感覚なんだなって。オケのデモを作った1ヶ月後に歌詞を書こうとなって。僕はFIVE NEW OLDの作品でもよくSNSをテーマにした歌詞を書いているので、「そういう歌詞を書くのはどうですか?」と提案して。渋谷から僕の家までバスで向かったんですけど、Stampさんが僕からのバトンを受けてバスの中でほとんど歌詞を書き上げたんです。そのスピード感もすごかった。

Stamp:やんちゃなんだけど、どこかで痛みを感じてるような主人公がいて、心がチクッとするけど面白みもある。HIROSHIさんの提供してくれたサウンドを聴いて、そういう歌詞を書きたいと思いました。HIROSHIさんは素晴らしいシンガーです。メロディのアイデアを出すときも何パターンも歌ってくれるんですけど、すべて採用できるくらい魅力的なメロディなんです。制作スピードが速かったのは、それも要因の一つです。HIROSHIさんは僕にないものを持っている。たとえばそれは僕があまり聴いてこなかったブラックミュージックのテイストもそう。

HIROSHI:Stampさんと僕はオルタナがルーツにあることは共通してるけど、Stampさんはあくまでポップスのマーケットで第一線で戦ってきたことの強さがある。そこがいい効果を産むのかなと。僕らもパンクに始まり、アート性の高い音楽やブラックミュージックなどに惹かれながら、最終的には大衆に伝わる音楽性を目指しているので。そういう意味でもStampさんには大きな刺激をもらってますね。

Stamp:(日本語で)ありがとうね。

――今作にプロデューサーとして参加しているPOP ETCのクリストファー・チュウの存在大きいですよね。彼も親日家として有名で。


▲STAMP - BANGKOK SUMMER [ Official Music Video ]

Stamp:彼も日本で出会ったんです。3年前の【SUMMER SONIC】でした。そのときPOP ETCのライブを観て、バックステージで一緒に写真を撮って、Instagramにタグ付けして投稿したんです。そしたら、帰り道に返事が来て。そこから交流が始まりました。

――いつかStampさん、HIROSHIくん、クリストファーの3人で楽曲制作できたら面白そうだなと。

Stamp:それはいいアイデアですね。次のアルバムの曲はぜひみんなで、東京で作りましょう。

HIROSHI:それ、実現したらいいなぁ。

――あらためて最後に、今後一緒に実現したいと思っていることを聞かせてもらえたら。

HIROSHI:Stampさんと僕たち、あとはその他のアジアのアーティストも交えて、ヨーロッパやUSツアーを回れたらそれはすごく希望のあることだなと思いますね。

Stamp:僕はもっと自分の音楽にFIVE NEW OLDであったり、日本のサウンドのテイストを入れ込みたいですね。今度はFIVE NEW OLDのベースのSHUNさんにプロデュースしてもらうのも面白いかもしれない。これからもよろしくお願いします。

スタンプ「EKAMAI DREAM 1」

EKAMAI DREAM 1

2019/08/07 RELEASE
TFCK-87470 ¥ 2,530(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.JETLAGGER
  2. 02.Bangkok Summer (English ver.)
  3. 03.Die Twice feat.HIROSHI from FIVE NEW OLD
  4. 04.How to Live Without You
  5. 05.On the Day He Made You
  6. 06.Coldest Memory
  7. 07.OHM feat.P.O.P (Japan)
  8. 08.Million Views (Japanese ver.)
  9. 09.DAMN!!
  10. 10.It Could Be Love
  11. 11.Kwam Kid

関連商品

BY YOUR SIDE EP
FIVE NEW OLD「BY YOUR SIDE EP」

2017/06/21

[CD]

¥1,430(税込)

STH
スタンプ「STH」

2017/04/26

[CD]

¥1,650(税込)

STH
スタンプ「STH」

2017/04/26

[CD]

¥1,650(税込)

WIDE AWAKE EP
FIVE NEW OLD「WIDE AWAKE EP」

2017/01/11

[CD]

¥1,430(税込)

LISLE’S NEON
FIVE NEW OLD「LISLE’S NEON」

2015/06/24

[CD]

¥2,530(税込)

Emulsification
FIVE NEW OLD「Emulsification」

2019/09/11

[CD]

¥2,750(税込)

Emulsification
FIVE NEW OLD「Emulsification」

2019/09/11

[CD]

¥4,180(税込)

EKAMAI DREAM 1
スタンプ「EKAMAI DREAM 1」

2019/08/07

[CD]

¥2,530(税込)

BY YOUR SIDE EP
FIVE NEW OLD「BY YOUR SIDE EP」

2017/06/21

[CD]

¥1,430(税込)

STH
スタンプ「STH」

2017/04/26

[CD]

¥1,650(税込)

STH
スタンプ「STH」

2017/04/26

[CD]

¥1,650(税込)

WIDE AWAKE EP
FIVE NEW OLD「WIDE AWAKE EP」

2017/01/11

[CD]

¥1,430(税込)

LISLE’S NEON
FIVE NEW OLD「LISLE’S NEON」

2015/06/24

[CD]

¥2,530(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】KinKi Kids『光の気配』が176,310枚を売り上げてSGセールス首位獲得 FANTASTICS/CYaRon!が続く

  2. 2

    Snow Manが次回『ミュージックステーション』に単独出演

  3. 3

    ポルカドットスティングレイ、自身最大規模のツアーが決定

  4. 4

    DEAN FUJIOKAがクリスマスイブに生配信&観覧応募企画も

  5. 5

    【ビルボード】UVERworld『UNSER』が57,789枚を売り上げてALセールス首位獲得 BLACK IRIS/イエモンが続く

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像