Billboard JAPAN


NEWS

2020/02/16

<ライブレポート>濃密なエモーションの発露によって響き渡ったスワンソング 10年ぶりに帰還したマーク・アーモンドのアンドロジナスな妖艶さに酔い痴れて

マーク・アーモンド「<ライブレポート>濃密なエモーションの発露によって響き渡ったスワンソング 10年ぶりに帰還したマーク・アーモンドのアンドロジナスな妖艶さに酔い痴れて」1枚目/5

 マークが笑っている! それも健康的な表情で――気さくで人懐っこい笑顔を見せ、観客席に手を振りながらステージに登場したマーク・アーモンド。1980年代からスキャンダラスかつエロティックなサウンドで一世を風靡したエレクトロ・ポップ・デュオ=ソフト・セ…

記事全文・その他画像を表示する(4枚)

マーク・アーモンド その他の画像・最新情報へ

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』42.5万枚でSGセールス首位 Juice=Juice/乃木坂46が続く

  2. 2

    ピンク、3歳息子と自身の新型コロナ闘病体験を語る「とても、とても体調が悪かった」

  3. 3

    ピコ太郎、2020年バージョン「PPAP」は手洗いソング

  4. 4

    【ビルボード】MAN WITH A MISSION『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』が2.1万枚でALセールス首位 マカえん/Uruが続く

  5. 5

    King & Prince、平野&セクゾ中島W主演ドラマ主題歌「Mazy Night」MV公開

HOT IMAGES

注目の画像